黒バス映画キタ━━━━━っ!!


最初、この記事を見て冗談かと思ってたら、、、朗報キタ━━━━━っ(≧∀≦)


もんげ〜楽しみズラ〜(*´ー`*)

地元の映画館でやるかな??

映画化決定、、マジ嬉しいヽ(≧∇≦)ノやったね!!


マジで、ものすご〜く楽しみで嬉しいよ〜、、。


黒バスのまだまだ熱いのが見たい(。・_・。)ノ




■「黒子のバスケ」映画化決定!本日のアニメイベントで発表


藤巻忠俊原作によるアニメ「黒子のバスケ」の映画化が決定した。
これは本日9月20日に幕張メッセにて行われたイベント「KUROBAS CUP 2015」で発表されたもの。現時点では劇場版の内容については明かされていない。

「黒子のバスケ」は、並外れた観察眼を持つ存在感の薄い高校生・黒子テツヤと、帰国子女の火神大我を軸に繰り広げられるバスケマンガ。週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載され、TVアニメ版は第3期まで制作された。なお少年ジャンプNEXT!!(集英社)では、本編の後日譚にあたる「黒子のバスケ EXTRA GAME」が目下連載されている。

あの韓国映画が続編??


今朝、ヤフーニュースを見て気づいてびっくりしました( ; ゜Д゜)!!


まっったく知らなかった・・・。。



韓国で大ヒットになった映画の続編が決定したみたいです……。。

あたしはこの映画をきっかけに、初めて日本でBS2で始まった『冬ソナ』を見出して、韓流ドラマをみるようになりました!!


ちなみに、日本では2003年1月25日に公開されて、同僚の友達の薦めで、一緒に見に行きました!

韓国では、2001年7月公開されたものですが、、。



その映画とは、『猟奇的な彼女』。。

この続編となる『猟奇的な彼女2(仮)』が決まったとか。。


あたしが見た記事では、この映画に日本人が出演しているというものでした。

2012年より韓国での活動をスタートさせた藤井さんという女性の方。。




この映画ですが、、


前作に続きキョヌを演じるのはチャ・テヒョン。

猟奇的な彼女役に抜てきされたのは、、チョン・ジヒョンではなく・・・


ガールズグループの『f(x)』のビクトリアが演じるそうです。。

すでに、9月下旬から撮影してるみたいです。。



チョン・ジヒョンは確か、結婚されましたよね??

それにハリウッドに挑戦してると耳にしましたし、いろいろ難しい部分もあっての、違う彼女を器用したんでしょうが・・・


あの映画の彼女は、チョン・ジヒョンであって、彼女の出演がダメなのなら、あたし個人的にはやってほしくなかったです!!

もっと早く続編してくれてたらなぁ〜。



先程も書きましたが、日本では2003年に公開されました映画で、キム・ホシク氏のネット小説をクァク・ジェヨン監督のメガホンで映画化したものです。

チョン・ジヒョン演じる凶暴な女子大生の彼女とそれに翻弄…振り回される男子学生のキョヌの恋愛を描いたロマンティック・コメディです。。

また、コミカルなだけの映画ではなく、最後のオチがあたしは好きなんですけど……そんな運命ってみたいな??


切なさもあり、キュンとしちゃう映画でもあるんですよ(*´ー`*)


DVDも買いましたし、友達からサウンドトラックも借りたり、、今でも大好きな映画です!

一時、Twellvでも何回も映画やってたり、最近もBSジャパンかな?そのあたりでやってたかな?


もち、リアタイで見ました(笑)



今回の続編は、夏物語もやられた?チョ・グンシク監督がメガホンを握られるようで、日本人の藤井さんが演じるのは、新婚のヒョヌと同じ会社で働く『ゆうこ』という作品のキーパーソンとなる役らしい。

韓国に働きに来た日本人で、心優しい魅力的な女性。。ヒョヌと仲がいいために、“彼女”が嫉妬するような存在らしー。。




今作は、2015年5月に韓国と中国で同時公開されることが決まったほか、、日本でも公開予定はあるようです!!


……見たいような見たくないような??

ビミョーな感じです。。






そう、、前の主題歌で、シン・スンフンさんが歌う『I believe』……今でもたまに聴いてたりしますが、いつも毎回泣いちゃうんです(pД`q。)。

以前の映画の主な出演者って、5人くらい……少ないイメでしたね。。


キョヌのママ役のソン・オクスクさんは、最初あまりにも役柄が違ったから、なかなか思い出さなかったんですが、冬ソナのヨン様のママ(有名ピアニスト)役をやられてたする女優さんだったり、、、

彼女のパパ役のハン・ジンヒさんは、ホテリア?など脇役(パパ役が多いかな?)で、よく見かけたりする俳優さんだったり……。。

映画『好きっていいなよ』の主題歌に1D。。


見てみたい映画の1本、、『好きっていいなよ』。


この映画の主題歌が決定(≧∀≦)





1Dの『♪Happily』になりましたよ(^_−)≡★

この曲、2013年11月26日発売したアルバム『Midnight Memories』に収録されてるようなんです!


ただ、2枚目とこのアルバム、、TSUTAYAで最近まで?レンタルに置いてなくて……最近置かれてレンタル中みたいな?



そこで、1DのOfficialのYouTubeでUPされていたので、聴きましたよん(。・_・。)ノ
ノリノリな曲調で、気に入ってしまいましたぁ(´・ω・`)!!





この映画の相手役の俳優さんのblogにも『僕はとても好きなアーティストさんだったのでとても嬉しいです。』と……

好きなアーティスト、洋楽のね?……1Dも女性アーティストもあたしと同じなんですよ〜!!


気が合いそう(σ*´∀`)!!



これから流れる新しい予告編に主題歌が、またぴったりらしー。。

公開は、7月12日みたいで、まだまだ先なんですが、機会があれば行きたいなぁ。。


るろうに剣心もこの辺りだよね、公開は・・・。。





映画『るろ剣』続編決定!!


健くん主演のるろ剣の続編の話は呟きしましたが、、2部作で製作で来夏に連続公開されるらしいですね!?

前編“京都大火編”、後編“伝説の最期編”の京都編の2部作で映画版は完結とか。。


まぁ〜〜京都編は長いもんね……二部作は考えましたよね!?

しかし、京都編はあたし大好きだし、けっこーあたし以外にもファン多いですよね……だから、ハードル高いけど。。



原作漫画“京都編”が舞台で、悪役に藤原竜也くんと書きましたが、志々雄役なんですね(笑)……包帯グルグルの(;・∀・)


あたし的には、志々雄のイメージに藤原竜也くんは、原作とイメージが全然違うんですけどね(笑)

もう少し若かったら、宗次郎とかイメージに近かったかもと……。。


ちなみに、あたしが大好きな二人……宗次郎と蒼紫などのキャストは後日発表だそうです!!

神谷薫役の武井咲さん、江口洋介さん、蒼井優さん、青木崇高さんらも引き続き出演だそうです。

続編のメガホンも前作と同じ大友啓史監督だそうです!!




すでに、健くんは殺陣や乗馬の練習をしていて、そしてクランクインもしていて、今後関東近郊や京都を中心に撮影を行う予定だそうです!!




……しかし、、未だに思うのが、、薫のイメージが武井咲さんとはイメージ的に合ってないというかぁ〜〜あたしの中では、やはりあの女優Aさん。

もち、蒼井優さんもめぐみさんのイメはまったくないですけどね……男性陣は、まあ〜〜大丈夫かな?



1番、この方にやってほしいと当たってたのが、一時期『龍馬伝』人斬り以蔵と呼ばれた岡田以蔵(武市道場門下生で土佐勤王党員)をやってた健くんを見て、剣心のイメにピッタリで、剣心の実写やるなら『健くん』しかいないと思ってたら、健くんでびっくりしたのを覚えてます!!







花のあと ■改訂


北川景子ちゃんが主演した『花のあと』を録画して、今見終わりました!




北川景子ちゃんの剣士姿は、かっこよかったです(*´ー`*)

おてんばな役を想像してたら、物静かな文武にたけた武家の娘でした。。

許嫁の方も見守る感じで、よかったです!



最後に許嫁と歩く北川景子ちゃんのバックで流れるED一青窈の『花のあと』がまた、しんみりくる……。。




恋物語なんですが、許嫁とは違う方に剣を通して、お互い惹かれあうけど……結ばれないせつないお話。。

想い人は上層部にいる方の罠にハマり、真面目な方なので責任を感じて江戸で失敗をしてしまい、切腹をしてしまうんです。

北川景子ちゃんがやった女剣士?は、原因を許嫁である方に託します。


この許嫁、なんか頼り無さそうで、許嫁なのに4年もほったらかしで江戸に文学を学びに行くんですよ……。。



ただ、そういう役職なのか!?ちゃんと原因を調べ、なおかつ許嫁を見守るんです!

真実を許嫁から聞かされた北川景子ちゃんが、仇討ちをするんです。。

仇討ちするってなった帰りに、北川景子ちゃんに立ち会いを提案しましたが、北川景子ちゃんはその立ち会いを断ります。。


しかし、ちゃんと隠れて見守ってたんでしょうね……仇討ちを見事果たして、登場し、、怪我の手当てをして、逃げ道を教え、最後の後始末の処理をしてくれたんです。



そんな優しい許嫁だから、惹かれはじめたのかなというハッピー?エンドでした……。






∞ヤス∞@『ばしゃ馬さんとビッグマウス』


麻生久美子さんと∞ヤス(安田章大くん)が、しがみつき系ラブコメで、映画初共演をするそうですね(^ω^)


他メンバー、亮ちゃんやたっちょんも映画が決まってて、撮影中?だと思いますが、∞は今…映画ラッシュでこれからが楽しみですね(ゝω・´★)





■詳細


↓↓↓

麻生久美子と関ジャニ∞の安田章大が、吉田恵輔監督の最新作『ばしゃ馬さんとビッグマウス』でダブル主演を果たすことが分かった。

初共演の二人は、『私、こんなに頑張ってる!』『オレ、本気出したらエグイで』が口癖の男女を演じ、夢を捨てきれない葛藤や挫折、恋愛模様をユーモアとペーソスたっぷりに描く。


今作の主人公は、シナリオ教室の社会人コースで偶然出会った馬淵みち代(34)と天童義美(26)。


麻生扮するみち代は、『私、こんなに頑張ってる!』が口癖だが、一向に芽が出ず『ばしゃ馬さん』と呼ばれている。

一方の安田が演じるのは、『オレ、本気出したらエグイで』と言いながらも何もやったことのない『ビッグマウス』という役。

そのビッグマウスが、年上のばしゃ馬さんに恋をしてしまう。

麻生は、『純喫茶磯辺』で吉田監督とタッグを組んでおり、『またいつかお仕事ができれば!!と思っていたので、念願かなってとても嬉しいです!』と喜ぶ。


自らの役については、『とても情けなく人間臭いということで、どこまで自分をさらけ出せるのかと不安もありますが、全力で監督にしがみついていけたらと思っています』と揺るぎない信頼をにじませる。


安田にとっては、関ジャニ∞の一員としてではなく、初めて単独での主演。

それだけに、『僕はもちろんんこと、両親も大喜びしました。これを機にグループの名前をまた知っていただけるチャンスなので、頑張ります!』と意気込んでいる。

互いの印象については、麻生さんは『二人でかみ合わない雰囲気を作っていけたら、と楽しみにしています!』。安田くんは『僕にとって大きな経験になり芝居の勉強になると思うので、たくさん吸収しつつ麻生さんの足を引っ張らないように(笑)。そして、役名が天童よしみで、関西出身の僕からするとなじみ深い名前なので、天童さんの名を汚さぬよう全身全霊努めたいと思います』とコメント。



11月上旬のクランクインを予定。

『ばしゃ馬さんとビッグマウス』は、2013年秋に全国で公開。





◆よかったらポチっと↓

※よかったら、messageもして戴けると嬉しいですっm(_ _)m



3年ぶり映画主演@錦戸亮くん


亮ちゃんの3年ぶりとなる、映画主演が決まりましたね(^_-)-☆


朝、友達からメールがあって知りました(笑)

なにぶん、理由あって電源ONOFFにしていたもので……f(^ー^;




有川浩さんの小説『県庁おもてなし課』(三宅喜重監督)が映画化のようです!!

高知県庁に実在する観光部のおもてなし課が舞台みたいなんですが……そういう小説があるのも、高知県庁にそのような課があるのも初耳でした(笑)



来年5月公開の映画だそうです!!


単独主演は錦戸亮くん。
共演は堀北真希ちゃんだそうです!


亮ちゃんの役柄は、少々ドジで空気が読めない若手職員の掛水史貴役。
堀北真希ちゃんの役柄は、アルバイト役だそうで、ラブストーリーもありだとか??


撮影は、9月中旬からスタートし、高知県内で撮影に入る模様だって─────( ; ゜Д゜)!?

行きたい!!!





■サンケイより参照


関ジャニ∞の錦戸亮(27)が、来年5月公開の映画『県庁おもてなし課』(三宅喜重監督)に主演することが29日、分かった。

高知県庁に実在する観光部おもてなし課が舞台の異色作品で、ヒロインにはNHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』の撮影を終えたばかりの女優、堀北真希(23)。


『図書館戦争』などで知られる高知県出身の女流作家、有川浩さん(40)の同名小説が原作。観光客を“おもてなし”の心で迎え、観光振興を図る同課の奮闘を描く。

錦戸は2010年『ちょんまげぷりん』以来3年ぶり2度目の単独映画主演。

やる気はある『えい人(いい人)』だが、少々ドジで空気が読めない若手職員・掛水史貴役で、「一人前の『いごっそう』に成長する姿を、たくましく演じられるよう頑張りたい」と気合を入れる。

堀北は同課アルバイトの明神多紀役で、掛水とのラブストーリーも。
『方言にも挑戦しますが、高知県のことを勉強して地元の人に成りきれるように頑張りたい。』と意気込んでいる。

撮影は9月中旬からで、県庁内にセットを組むなど高知県も全面協力。
日本一の清流といわれる仁淀川や足摺岬、桂浜、馬路村など数々の観光地と、鰹のたたきなど郷土料理も登場する。




■関ジャニ∞の錦戸亮が、有川浩氏の人気小説を映画化する『県庁おもてなし課』で、約3年ぶりに単独で映画主演を務めることがわかった。

錦戸は、高知県庁に実在する観光促進を目的とした『おもてなし課』に所属する若手職員・掛水史貴に扮する。

また、NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』主演で改めて抜群の存在感を発揮した女優・堀北真希が、ヒロイン・明神多紀を演じる。

有川氏にとって自身初の新聞連載小説となった原作は、文芸誌『ダ・ヴィンチ』の“ブック・オブ・ザ・イヤー2011”の総合ランキング、恋愛小説ランキングで、ともに第1位を獲得した話題作。

三宅喜重監督、脚本の岡田惠和という『阪急電車』のスタッフが顔をそろえ、高知県の全面協力のもと、“ふるさと”を舞台にした観光&恋愛エンタテインメント作を手がける。

9月上旬にクランクインする錦戸は、一躍“高知の顔”という役割を担うことになる。

単独主演は『ちょんまげぷりん』以来となるが、『生まれも育ちも高知県の県庁職員役です。大阪出身ですが…。実在するおもてなし課という一風変わった課に勤務する平凡な男が、堀北さん演じる明神さんと出会い、一人前の『いごっそう』に成長する姿をたくましく演じられるよう頑張りたいと思います。』と気合満点。

さらに、『初共演の堀北さんとのお芝居もあの透明感に負けないよう、掛水として正面から体当たりで演じられればと思います。』と意欲をみなぎらせている。


堀北は、掛水とともに高知の観光売り出しに奔走する、柔軟な発想力を兼ね備えたアルバイトの多紀に命を吹き込む。

原作読了後は、『目の前の壁をひとつずつ乗り越えていく姿に元気をもらった。』と感じたそうで、『方言にも挑戦させていただきますが、高知県のことを勉強して、地元の人になりきれるように頑張りたいと思います。』と、撮影を心待ちにしている。

全編にわたり、高知の壮大な大自然がスクリーンを彩る。

やる気はあるが空気の読めない掛水は、観光特使就任を要請した県出身の小説家・吉門喬介(高良健吾)から、徹底的なダメ出しを受ける。役所仕事と民間感覚のズレを指摘された掛水は、『昔『パンダ誘致論』を展開し県庁を追われた伝説の元職員・清遠に接触を試みる』ことをアドバイスされる。多紀とともに清遠が経営する民宿を訪ねるが、その娘・佐和(関めぐみ)からはバケツの水をかけられる始末。前途多難ながら、高知県全土を巻き込んだ『おもてなし課』の計画が始動する。

原作の有川氏は、『気心知れた『阪急電車』チームにまた作っていただけることがとてもうれしいです。ロケハンから楽しく参加させていただきました。あとは錦戸さんの掛水や堀北さんの多紀に会えるのが楽しみで仕方ありません。』とコメントを寄せている。

撮影は11月のクランクアップを予定している。

『県庁おもてなし課』は、2013年5月に全国で公開。




◆よかったらポチっと↓

※よかったら、messageもして戴けると嬉しいですっm(_ _)m



亀ちゃんがまたまた映画に……!!


前に、“亀ちゃんの映画化が決まった!!”って聞いて、『ベム』かと思ったんです(^_^ゞ


実際は、違ってましたけど(笑)

しかし、……やはりキタかとっ(笑)




日本テレビさんも、『怪物くん』『ごくせん』『ホタルノヒカリ』といった人気ドラマをよく映画化しはるんで……予想はついてましたよね(^_-)-☆?





あっ、、


肝心なこと書いてませんでしたが、、



今回の映画は……


亀ちゃんが主演した『妖怪人間ベム』!!



ちなみに、12月15日公開されるようですヽ(´ー`)ノ





もち、杏ちゃんのベラや福くんのベロも再集結!!

人間になるための旅を再開するようですヘ(゜ο°;)ノ



そして、映画版のために書き下ろされた完全オリジナルストーリーになるそうですよ( ´∀`)





スポーツ報知さんによると……

連ドラの最終回では、宿敵・名前のない男(柄本明)との戦いの末、炎の中に消えた3人だったが、その後も旅を続けていた、という設定。ある街の未解決事件の容疑者である妖怪と激しいバトルを繰り広げる。

劇中ではベロの初恋も描かれる。


戦いの規模も連ドラ版よりスケールアップし、迫力のある映像を演出するためドラマの10倍のCGを使用。
特殊メークも、変身前と変身後の違いをより細かく出すべく、これまでの3倍以上のメーク時間を費やすという。


と、書かれてました!!




亀ちゃんは、『彼らがどこでどのように存在しているのか、すごく気になっていたので楽しみです。』とコメント


確かに、どこでどのように存在してるのかは気になってた(笑)





7月初旬からクランクインして、北海道ロケなどを行って、8月末まで撮影予定をしてるようです。






嬉しいんですが、亀ちゃん大丈夫かなと心配もしています(..)(__)


野球の取材や『GSN』も出演しますし、映画も1本決まってます……大忙しなんですよね……。。




あと、噂のドリボがあるとかないとかみたいな話も出てきてますからね……(・・;)(;^_^A








■映画サイトより参照


↓↓↓
KAT―TUN 亀梨和也が主演し大ヒットを記録した人気ドラマ『妖怪人間ベム』が、映画化されることが決定。

ドラマに続き、ベムを亀梨、ベラを杏、ベロを鈴木福くんが演じる。


亀梨は、『おは妖怪!すごくうれしいです!自分自身も今、彼らがどこでどのように存在しているのか、すごく気になっていたので楽しみです。またベラ、ベロと会えること、そしてベムを演じられること、ワクワクしています。はやく、妖怪人間になりた〜い!』と意気込んでいる。

『妖怪人間ベム』は、1968年にアニメとして放送され、子供から大人まで幅広い層の人々の心を釘付けにし、日本中にブームを巻き起こした。その世界観を現代的に再構築し、昨年10月クールに日本テレビ系列でドラマ化。

最高視聴率18、9%、平均視聴率15、6%を記録。

映画化される今作は、完全オリジナルのストーリーで展開。
ベロの初恋をはじめ、登場人物たちの愛情を通して誰かを思いやり、愛するとはどういうことなのか。作品の大きなテーマのひとつである“愛”を描く。

また、ベムたちがこれまでに出会ったことのない、強力なパワーをもつ妖怪が登場。特殊メイク、造形、CG、ワイヤーアクションなど、ドラマのとき異常のアクションシーンも用意されるという。

ベラ役の杏は、『映画化と聞いて、とてもうれしいです!スクリーンの中で、さらに迫力あるベラを演じたいと思います。はやく妖怪になりたい!』と意欲満々。
福くんも、『大好きな亀梨さんと杏さんとまた一緒に撮影できるので楽しみです。僕はアクションが大好きなので、何かアクションシーンがあったらいいなあと思います。僕らしいお芝居を一生懸命頑張ります!』と撮影を心待ちにしている様子。

撮影は7〜8月の約2カ月間におよぶ見込み。都内スタジオと北海道ロケを予定している。

ドラマの演出を手がけた狩山俊輔氏が監督を務める。

映画『妖怪人間ベム』は、12月15日から全国で公開。



◆よかったらポチっと↓

※よかったら、messageもして戴けると嬉しいですっm(_ _)m



『謎解きはディナーのあとで』が映画化決定!!


朝、とりまお知らせでREAL配信しましたが、詳しくは書いてなかったんで改めて(^_-)-☆





翔くんと北川景子さんのドラマ『謎解きはディナーのあとで』の映画化が決定ですっ(^_^)/□☆□\(^_^)




今度は、アジア最大の豪華客船で撮影を敢行とか……( ; ゜Д゜)

さすが、お嬢様〜(^^)ρ(^^)ノ



でも、やっぱりSPとかきてたし、映画化やるだろうなぁと予想はしてたけど……キタよ〜ヽ(´ー`)ノ

めざましでもやってたみたいですが……朝当番だったんで知りませんでした(;´д`)



あのドラマ大好きだから、ほんとに嬉しいです(*´ー`*)







■シネマトゥデイ抜粋より


↓↓↓

昨年10月から12月まで放送されていた嵐の櫻井翔と北川景子共演のテレビドラマ『謎解きはディナーのあとで』の映画化が発表された。

シリーズ初の海外ロケとなるシンガポール、アジア最大の豪華客船『スーパースター・ヴァーゴ号』での撮影を敢行。

完全オリジナルストーリーで、スケールアップしたミステリーに挑む。

第1作183万部、第2作93万部の売上(2012年5月現在)を誇り、2011年の年間ベストセラーとなった東川篤哉の著書『謎解きはディナーのあとで』。

事件の概要を聞いただけで事件を解決に導いてしまう毒舌執事・影山を櫻井、世界的な財閥の令嬢である新人刑事・宝生麗子を北川が演じ、最高視聴率18,1%の高視聴率をマークしていた。

今回の映画化決定について櫻井は、『連続ドラマ、SPドラマを経ての映画化と再び影山を演じられること、一つの役を長く、何度も演じられる機会は多くはないため、とてもうれしく思っております。』

一方の北川は、本作が初めてのテレビドラマからの映画化作品への参加。
『スタッフの方々と再会し、作品に帰って来た! という感じです。たくさんの人に愛された作品(ドラマ)だったんだなと実感しました。』と、喜びをあらわにしている。

櫻井は、シリーズ初の海外ロケについて、『ずっと行きたいと思っていたシンガポールでの撮影。そして、豪華客船での撮影と仕事とはいえ、胸を踊らせています(笑)。』と気合十分。

撮影はすでにクランクインしており、『子どもから大人まで楽しめるエンタテイメント作品になると思いますので、ご期待いただけたら、ありがたき幸せ。』(櫻井)。
『もともとの良さは活かしつつ、映画として新しい風が吹き込まれる気がします!スケールアップした『謎解き』をぜひ楽しみにしていてください。』(北川)と、それぞれ意気込みを語っている。

映画版には、麗子の上司である刑事・風祭京一郎を演じていた椎名桔平に加え、豪華客船の客室支配人役で中村雅俊、船内のステージシンガー役で桜庭ななみ、船長役で鹿賀丈史、福引で乗船チケットを手に入れた下町の珍客役で宮沢りえ、映画監督役で竹中直人、船の見習いコック役で要潤、ギャンブル好きな社長役で生瀬勝久が出演。

監督、脚本、音楽には、テレビドラマ版から引き続き、土方政人、黒岩勉、菅野祐悟が続投。

5月31日にクランクインし、7月末のクランクアップを目指し、現在撮影を行っている。

原作者の東川が、『(影山、麗子、風祭警部のキャラクターが、)よりいっそう印象深く親しみやすいものとして、多くの人々に浸透したように思います。』と、お墨付きを与えるテレビドラマの映画化。
東川は、映画版についても、『お馴染みの三人がどのような形でスクリーンを駆け回ることになるか、とても楽しみです。』と期待のコメントを寄せている。


映画『謎解きはディナーのあとで』は、2013年全国公開!!



◆よかったらポチっと↓

※よかったら、messageもして戴けると嬉しいですっm(_ _)m



『Black&White』


土曜深夜の『CDTV』をタイマーしてたのを見ていたんですが、、


その中のCMで、ハリウッド映画?の『Black&White/ブラック&ホワイト』をやってたんですっ!!


史上最大の職権乱用恋愛バトルの映画らし・・・(・・A;)。。




これって、F4のヴィック・チョウも出演してた……華流ドラマのタイトルも『『Black&White』と同タイトルなんですが、、

しかも刑事ものではありましたが、、


内容聞くと少し違うのかな??



『ターミネーター4』のマックG監督の最新作だそうです。
内容は、堅い絆で結ばれていたCIAトップエージェントが、一人の女性の“本命の座”をかけて双方が偽装チームを結成し、職権を乱用した恋愛バトルが展開って……どんな映画やねん(-o-;)


出演は、、

『スタートレック』のクリス・パイン、『インセプション』のトム・ハーディ、『キューティ・ブロンド』のリース・ウィザースプーン。



ここまで読むと、ただの映画紹介にもなりますけど……

CMを見て、ふと見たことがある俳優さんだなと…一時停止して見いって、、



『あたしをキュンとさせた、王子様だぁ(///ω///)♪』

と、、。そして、インターネットで調べました(笑)




やはり、あのキュン王子でしたっ///////





“クリス・パイン”


あたしが大好きなハリウッド映画『プリティ・プリンセス2〜ロイヤル・ウェディング〜』(一応、Disney映画で、1と2があり…シリーズもの。)


この映画に、ニコラス・デヴロー卿役……もはや王子様ですよ〜/////

このニコラスをやってたのが、“クリス・パイン”。



プリティープリンセス1も2も何度か映画館にも見に行き、DVDも1ですがサントラも買いましたっ(^^)ρ(^^)ノ

特に、2はこのニコラスにキュンキュンしちゃいまして、いまだに何度も鑑賞します。。





クリス・パインは、“明日のスター賞”を受賞したそうで、『ポスト、ブラッド・ピット』と呼ばれているそうです……知らなかった(;´д`)

現在、ハリウッドが最も注目する俳優の1人なんだって(^_-)-☆



確かに、クリス・パインの魅力は甘いマスクはわかる(σ*´∀`)
あと、幅広い演技力なんだとか。。


今までの映画レンタルして見てみようかな\(^_^)(^_^)/






あと、CM内で似てるなとは思ってたんだけど、名前を見て気づいた、、女優のリース・ウィザースプーン。。

家族もあたしもですが、『キューティ・ブロンド』シリーズと『メラニーが行く』大好きで見てたんです。。

ただ、顔見たことあるくらいでなんの作品かピンとこなかった……f(^ー^;



◆よかったらポチっと↓

※よかったら、messageもして戴けると嬉しいですっm(_ _)m



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM